ITエンジニアの種類

f:id:MichiDemy:20200227021836j:plain
ITエンジニアの種類?

Who(誰向きな情報か)

今、プログラミング学習がブームに近い形できていますね。ただやはりプログラミング学習をした「その先」が気になるのではないでしょうか。

ITエンジニアの世界にはもちろん様々な資格がありますが、学歴のように「ここを卒業したから晴れてエンジニアとして大活躍!」というわけではありません。

現在の世界で他国でも通じる共通のスキルがあり、多様な働き方がある世界= ITエンジニアの世界
現時点では学歴や出自の関係ないアイデア、スキル次第の世界に踏む込めるスキル=プログラミング

ただ言えるのは、スキル次第で多様な選択肢を選べるので、自由や高収入を狙える世界、であると言えます。

ITエンジニアの種類を知ることで、自分の得意な領域や自分の好きな働き方選びの一助にしてください。

What(ITエンジニアの種類)

プログラマ

簡潔にいうと、プログラミング言語を使い、プログラムを実際に書く人です。最も皆さんのイメージに近い方々と思います。建築で例えると、実際に作業を行う職人さんですね。
Web系、組み込み、オープン系、アプリケーション、通信などをそれぞれに適した言語でプログラム(命令文)を組みます。

システムエンジニア

システムを設計する人です。顧客からの要望を聞き、必要な条件を整えることが専門です。ITの知識はもちろんですが、コミュニケーション能力、言語化能力が高い方は向いています。建築で例えると、設計士さんです。

Webエンジニア

インターネット(Web)で動くアプリケーションやサービスなどに関わる人です。Webサイトの制作などをされる方もここに属します。システム開発や組込の開発などは大規模な人員や期間、設備を必要としますが、Webの世界においては、小規模かつ、スピーディな開発をするパターンが多いです。最初にプログラミングを学習する方は、情報系学生でもない限り、この領域から学習される人が多いです。

  • フロントエンジニア: 主にHTML、CSSJavaScriptなどを用いてコーディングを行います。フロントというのは、"手前"ということであり、Webサイトで実際に皆さんが目の当たりにしている画面のことです。

    • Webデザイナーとの違い 実際にWebサイトで使う画像やイラスト、テキストなどはWebデザイナーが作成・決定することが多く、その領域ではPhotoShopIllustratorなどで加工した画像を利用するなど、時として感性が必要とされます。コードを書く=組み立て=フロントエンジニア、デザインをする=配置を決める=Webデザイナー。会社によっては部署を分けたり、同じだったりします。

    • 社会的ニーズ 最近ではスマートフォンタブレットで閲覧したときのデザインなどを考えるニーズが高いです。

  • サーバーサイドエンジニア : Webサイトやアプリケーション構築におけるサーバーでの処理やデータベースの構築をする人です。アプリケーションの根幹を担うため、挑みがいがあり、汎用性の高いスキルが身につきます。RubyJavaPHPなど学習されてる方々はこの領域のプログラマをイメージすると思います。

インフラエンジニア

ITを利用するためのインフラを整える人です。建築で例えると水道や電気を整える専門家のイメージです。ITでのインフラエンジニアは大別して2種です。

  • ネットワークエンジニア 企業であれば、社内専用データにアクセスするまでのケーブル(正確には違いますが)などを用意したり、インターネットからのアクセスをうけるための回線を用意したりします。

  • サーバーエンジニア 上述のサーバーサイドエンジニアとは異なり、サーバーそのものを扱うエンジニアです。仮想サーバーやLinuxAWS(AmazonWebService)やAzureなどはこの領域です。

セールスエンジニア

自社製品を売ることに特化した人です。営業担当と異なる点は、自らにも技術的な知見があり、営業担当が受けてきた案件に対し、自社製品の技術的な視点を加えた提案を行います。もともと営業の素質があり、プログラミングの勉強も積んだ方でしたら適性を活かせます。

まとめ

かなりの種類をあげましたが、もちろんこれでも一部です。この中ではWebエンジニアが最近人気ではありますが、企業向けのシステム開発案件がITエンジニア業界の8割強の売上領域となります。自分の知るITエンジニアへの知見を拡げ、ぜひ自らが望む生き方にマッチした企業をお選びください。