ITエンジニアの働き方

Who(誰向けの記事か)

 ITエンジニアを目指していらっしゃる方はもちろんですが、フリーランスを目指している方もエンジニアの働き方は気になると思います。
イメージをした上で、これからのキャリアイメージを湧かせていくとモチベーションがあがりますね!

f:id:MichiDemy:20200229012901j:plain

大きく2種類

システム系エンジニア

 受注開発を行うエンジニアの中でも、SE=システムエンジニアの存在は欠かせません。お客様からのニーズを聞き出し、ITの要件に当てはめて実現可能な形にする役割です。全体を見渡す視野、コミュニケーション能力、ITの知見が必要です。

  • SIer(=システムインテグレータ:システムをまとめる人)→大きな企業などの情報システム部が「新しくシステムを入れたい」と考えたらITの組み合わせで実現する人たち。NEC富士通IBMなど。

システムエンジニアにより選定を受けた各、必要な業者が呼ばれ、プロジェクトチームが結成されます。

ネットワークやハードウェア:インフラエンジニア 専用機器:組み込みエンジニア プログラム:プログラマ

開発はウォーターフォール開発が一般的。場所はフェーズによって異なります。

ヒアリング、要件定義→自社とお客様先と打ち合わせ

設計→自社、仕入先(上記のエンジニアたちのいる企業)

実装→①自社で作成し、納品するパターン②客先で開発するパターン。

この②のパターンのとき、外部から応援を呼ぶ場合があり、 SES(システムエンジニアリングサービス と呼ばれる技術者集団へ企業と協力するのが一般的。

テスト→客先の環境下で行う

働き方

 上述のように客先、自社を行き来し開発をします。リリース前のシステム情報は大きな企業ほど株価に影響及ぼすことになることもあり、情報統制されています。  客先の情報に触れることも多いため、社会的信用が高い企業が選ばれることが多いです。  ただシステム系はより自分の専門を追求することが可能であったり、個人やスタートアップの企業では扱えない規模の金額や人員・設備が動きます。  この領域で学んだ力で客先からの信用を得て、フリーランスになられる方が多いのも事実です。


Web系エンジニア

 WebサイトやWebアプリケーションの開発作業に携わります。歴史が20年ほどであり、ベンチャー企業が多いです。自らでサービスを考えたり、社会のニーズに答えるビジネスマン的な視点を持つ社員も多い特徴があります。大きな特徴はスピード感総合力が必要とされるところです。
 日本の代表的な企業としては、サイバーエージェントDeNAなどです。もしイメージが湧きづらいようでしたら、このような企業の社員インタビュー記事などオススメです。

スピード感 総合力
開発環境やバージョン変更(例えばOSやブラウザのアップデート)などへの対応が非常にスピーディに求められます。途中で仕様が変更されることが非常に多く、最初の計画と大きく変わることも多いです。 | 1人のエンジニアが様々な工程に触れます。そのため自分の得意な言語や工程だけを行うのではなく、多言語を使う。コードを書く以外の要件定義、プランニングなどの知識も必要になります。

開発はアジャイル開発が一般的です。1チームを結成、1~2Weekを1スプリント(1区切り)として、計画→開発→小規模リリースを繰り返し続けて完成させていく手法です。そのため、変化への対応・コミュニーケーションが重視され、1人の役割は大きくなるのです。

働き方

 比較的自由度の高い働き方が多いです。オシャレなオフィスでソファに座りながらコードを書く、そんなエンジニアイメージはおそらくこの業界のエンジニアかもしれません。(※多少偏見です。)ですが、Web開発は1案件に対しての単価があまり高くないパターンも多く、1人で数多くのプロジェクトを請け負う方も多く見られます。 多言語を扱えるようになる、スキルの向上で金額の大きな案件を生み出せるなど、簡単にいうと実力主義の世界に入っていけます。

 最近ではリモート技術などでオフィス以外での作業を行うことも増えてきました。ただ本番作業や打ち合わせは今でも対面で行われることも多く、基本的に移動は発生するパターンが一般的です。

まとめ

  ITエンジニアは多様な働き方であることは間違いないのですが、全ての会社が「リモートで自宅やカフェでお仕事」という訳ではありません。 オフィスや開発室、サーバールーム、データセンターなどで働くスタイルがスタンダードであるため、自分のイメージする働き方とマッチしているかオープンオフィスなどに参加して確認してみるのもいいでしょう。