2020年のプログラミング必修化とは

「2020年プログラミング必修化」とは  

文部科学省が2020年から行う新指導要項で「小学校にプログラミング教育を導入します」と発表しています。   今はこぞって学習塾や、書籍が出ていますね。  

What「つまり何か」

実は国語、算数、理科、のように ”プログラミング”  という授業が導入されるのでありません。国語や算数などの授業のカリキュラムの中に、プログラミングで使われる要素が盛り込まれることという表現が正しいです。

Why「なぜ」→「目的」

 大きく下記3つの能力の育成が目的です。

  1. 知識及び技能:問題解決には必要な手順があること

  2. 思考力、判断力、表現力:プログラミング的思考を養う

  3. 学びに向かう力、人間性等:コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かす。

これまでの学校での学習は、知識の習得に偏った形であったため、これから世の中に必要とされる『課題解決能力』『創造性』などを育むためには物事をプログラミング的に考えることが適切ということです。

 日本のこれまでの教育は、決まった手順を覚え、より早くより正確に再現できる人材を作るには最適でしたので、“ものづくり"が中心だったこれまでにはとても適していたのです。今は”ものづくり”は新興国などで低コスト化されたので、これからは仕組み作り課題解決の力を伸ばそうという考えです。

プログラミング的思考

今後よく出るワードかもしれませんが、プログラムそのものではなく、「物事を論理的に考えていく力」を指します。 解決したい課題に必要な動きを考える→命令を考える→動かす順番を決める、というプロセスを学びます。

How「どうやって」

 コード自体は考えません。それは各個人で学ぶことが起きますが、それ自体を目的とはしていません。

例)正三角形の作図

必要な動き 命令 動かす順番
・まっすぐ進む・左に曲がる・2回曲がる・終わる ①基点Oから右へ移動・②5cm進む・③左に60°回転 ①→②→③→②→③→終了|  

上記からプログラミングを学習中の方でしたらお気づきだと思います。   

必要な動き・命令→変数、オブジェクトやメソッド
動かす順番→アルゴリズム

上記は算数で例えてますが、これが理科、音楽、総合など各項目に1例ずつほど盛り込まれていく予定のようです。

まとめ

2020年からのプログラミング必修化とは、コードを実際に学ぶのではなく、プログラミングで使われる要素を学ぶということです。 その学習を通じて、課題解決の能力や物事を論理的に思考する能力を鍛えていきましょう、というものです。もちろん学校での教育を通じて、プログラミングへの興味を持つ人材が増えてくるのは間違いないです。ですが、『課題解決の能力』や『仕組みを作る』というアクションは普段皆さんのお仕事の中で、当たり前のように行われていることでもあります。もし興味が湧いたのであれば、何か一つ、プログラミングを始めてみてはいかがでしょうか。