windows10でRails開発環境①Ubuntuのインストール

WindowsのPCでRailsの開発できるように

自宅にゲーム用などでWindowsデスクトップPCがあって プログラミングするときだけMacに切り替える方へ。

プログラミングスクールや実際のWeb開発エンジニアの会社ではMacが推奨されているパターンが実際に多い。 理由は、Web系の開発に適したツールがすでにインストールされていたりするから、という至極納得な内容です。

納得ですが、WindowsPCの魅力はバリエーションが広いこと。
軽いPC、丈夫なPC、スペックだけとても高いPC、動画編集に適したPC、とにかく安いPCなど 何かに特化したPC が多い。 そんな中から自分のお気に入りのPCを見つけ出して、自分の好きな環境作ろう、ということで今回Windows10のPCでプログラミングする方法を書いておきました。

※ちなみにCloud9などのクラウドIDEを用いた方法ではない。

手順

大枠、下記のことをやります。

WindowsUbuntuと呼ばれるOSをダウンロードし、Linuxの環境をインストール

WSLを有効にする

Windowsの設定を開く

Windowsの機能の有効化または無効化」を検索。

選択肢から、「Windows Subsystem for Linuxチェックボックスをオンにして、「OK」 ※日本語版で「LinuxWindowsサブシステム」と書いてある場合もある。

画像1
WindowsSubsystemforLinux

Ubuntuのダウンロード

windows10では標準でインストールされている「MicrosoftStore」で「Ubuntu」を検索→入手

画像2
Ubuntuダウンロード

Ubuntuのインストールと初期設定

起動するとユーザー名とパスワードの設定を求められる。 →設定(できればどちらも英数字が望ましい)

パッケージ管理ツールで最新にアップデート ※いずれも少し時間がかかります。

sudo apt update

→パスワードを求められる場合は入力

sudo apt upgrade -y

Ubuntuから参照するwindowsファイルへのリンクの作成

※これをしておくとコマンドでのアクセスが早くなる 例えばcドライブ→(ユーザー名)フォルダ→projectsにプログラムを作っていくのであれば、「~/projects」というリンクを作成する場合は下のコマンド。

ln -s /mnt/c/User/projects ~/projects

UbuntuWindowsのファイルを参照する場合

ls/mnt/c

Ubuntu上のファイルの文字コード(=書式のようなもの)はUTF-8となるため、エディタで保存するときはUTF-8で保存する