windows10でRails開発環境⑤データベース(PostgreSQL)のインストール

WindowsのPCでRailsの開発ができるように

www.michidemy.com

www.michidemy.com

www.michidemy.com

www.michidemy.com

手順

Railsを利用する場合は、データベースをインストールします。 のちにherokuというサービスでの公開を考えているので、今回はPostgreSQLをインストールします。 ※MySQLの場合はここから他の方のサイトをご参考にしてください。

インストール

パスを通します。※すべてUbuntuで作業を行ってください。

sudo sh -c 'echo "deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt $(lsb_release -cs)-pgdg main" >/etc/apt/sources.list.d/pgdg.list'

キーを取得します。簡単に言うと、セキュリティの設定を施すようなイメージです。

wget --quiet -O - https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -

あとはaptを更新します。 前回からよく出てくる"apt"とは、Ubuntuへのアプリケーションを管理するコマンドです。macを利用している方はHomebrewがイメージに近いかもしれません。

sudo apt update

aptコマンドでpostgreSQLをインストールします

sudo apt install postgresql

インストールを確認

psgl -V

→これでバージョンが表示されたらOKです。

PostgreSQLのスイッチを入れます

よく使いますのでメモしておきましょう

sudo service postgresql start

開発環境用のユーザーを作成(ここからは必要な方のみ)

開発環境ユーザー名とUbuntuユーザー名を同じに設定

sudo su postgres -c 'createuser -s Ubuntuで設定したユーザー名'

※私はここでユーザー名に””や{}などをつけないようにお気をつけください。ユーザー名が{○○}となったりしてしまいます。

railsのGemをインストール

sudo apt install libpq-dev

これでDBの設定は完了です。